ハリに効果絶大|化粧品でカバーすることができる

ビタミンcの効果と注意点

鏡を持つ女の人

ビタミンcの効果

最近よく耳にする美容成分にビタミンc誘導体があります。ビタミンcには、高い高酸化力があり、細胞の酸化を防ぐ働きがあります。そして、繊維芽細胞を活性化し、コラーゲン生成を促します。また、メラニン色素が作られるのを防ぐだけではなく、細胞内のメラニン色素にも働きかけます。さらに、皮脂を抑え、炎症を鎮める効果もあるため、ニキビにも有効です。このように、ビタミンcは様々な肌トラブルに効果を発揮する一方で、酸化しやすく壊れやすいという性質を持っています。そのため、そのままの状態では化粧品に配合するのが難しく、ビタミンcを肌に効果的に浸透させるためには、形を変える必要があります。そこで生まれたのが、ビタミンc誘導体です。ビタミンc誘導体は、ビタミンcを安定した状態で肌に届けることができるため、多くの化粧品に使用されています。

ビタミンcの注意点

ビタミンc誘導体の種類には、水溶性、油溶性、浸透性があります。それぞれのビタミンc誘導体の性質や作用は異なります。ビタミンc誘導体配合の化粧品を選ぶ際は、どのビタミンc誘導体が使用されているのか確認すると、肌トラブルが起きるリスクが減ります。水溶性は、皮脂を抑える効果が高いため、ニキビ肌やオイリー肌が適しています。この水溶性のビタミンc誘導体が含まれた化粧品を使用した後は、保湿ケアをしっかりと行うことが肝心です。それから油溶性は、刺激が少なく、成分が肌の奥までゆっくり浸透するのが特徴です。そして高浸透性は、水溶性と油溶性のメリットを併せ持つ最新のビタミンc誘導体です。