ハリに効果絶大|化粧品でカバーすることができる

真皮層から対策を

化粧品

UVAがダメージを与える

女性はたいていの場合外出時には紫外線対策をとっていますが、それでも長い間にわたって少しずつ浴び続けた紫外線は40代や50代を迎えた頃に大きなダメージとなって現れてきます。それが、大人世代の女性の肌からハリが失われてしまう原因のひとつとなっています。紫外線にはUVAとUVBとがありますが、シミの原因となるUVBに対してUVAはハリの低下をもたらします。それは、UVAが肌のより深いところにある真皮層まで到達してしまうためです。真皮層にはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの成分が存在しており、肌のハリを守っています。しかし紫外線がここまで到達するとそれらの成分がダメージを受けてしまいます。化粧品を上手に使えば、真皮層のこうしたダメージを防いだり改善したりすることが可能です。

ビタミンCを効果的に

紫外線などの影響によって真皮層から失われてしまう保湿成分を守ってハリを取り戻すためには、コラーゲン・エラスチン・ヒアルロン酸を化粧品によって補うと効果があります。コラーゲン配合の化粧品やオールインワンゲルを使うときは、分子のサイズを小さくしたものがより浸透性が高いのでおすすめです。また、コラーゲンが十分に産生されるためにはビタミンCも重要な成分です。とはいえビタミンCのままでは肌にとって刺激が強いので、ビタミンC誘導体という形で配合されている化粧品がよいでしょう。最近ではビタミンC誘導体よりもさらに安定性を高めたビタミンC生命体という新たな成分も開発され、化粧品に配合されるようになってきています。

まつ毛で目ヂカラアップを

メイクする女性

まつ毛を伸ばす方法は日常生活でまつ毛に負担を与えるような行為をしないということです。そして、毎日きちんとした生活を送り、睡眠にも注意することが重要ですが、できない方はまつげ専用の美容液を使うことでまつ毛を伸ばすことが出来ます。

もっと見る

ビタミンcの効果と注意点

鏡を持つ女の人

ビタミンc誘導体は、シミ、シワ、たるみなどの加齢による肌トラブルの他、ニキビにも有効です。ビタミンc誘導体には、水溶性、油溶性、高浸透性があり、種類によって性質や効果が異なります。それぞれのビタミンc誘導体の特性を知ったうえで、化粧品を使用することがトラブル回避につながります。

もっと見る

目元の印象を良くするには

目元

まつげ美容液を活用すれば、その本数を増やすことによって見た目の印象を大きく変えることができますし、何より毎日のアイメイクでの負担を軽減することが可能です。即効性はないものの、長期的なスパンで自然に症状を改善していくことができます。

もっと見る